伊藤建設ブログ

2016/08/10

住宅の向き、“南”以外の特徴は??

住宅の購入を検討する際、一から打ち合わせをして造る注文住宅にするか、既に出来上がってる住宅を購入する建売住宅にするか…

色々と迷いますよね。

しかし、どんなタイプの住まいにするにせよ、“家(部屋)の向き”に関する悩みは関係してきます。

一般的には“南向き”が良いイメージがありますが、実は他の方位にも、その方角向きだからこその利点があるのをご存知でしょうか??

今回は、東・西・北向きそれぞれの特徴をお伝えしますので、『南向きがいいはず!!』と決めつける前に、ぜひ一度ご覧ください。

まず、部屋の方角に関して行ったあるアンケート結果(男女それぞれ280名対象)を見てみると、

とても気になる(27.5%)
やや気になる(35.2%)
あまり気にならない(21.3%)
まったく気にならない(16.0%)

と、「とても気になる」「やや気になる」と合わせると半数以上の人が、部屋の方角を気にしていることが分かります。

また、結果を男女別に見ると、男性が52.1%に対して女性は73.2%となり、女性のほうが方角を気にしているようです。

では、さっそく各方角の特徴をお伝えします。

▼東向きの特徴
・午前中の日当たりが良く、朝方の生活になる
・午後になると日陰になるので、夏場の一番暑い時間に直射日光を防げる
・朝日が入ってきて爽やかな印象

東向きは、朝日を浴びたい方に向いています。

朝日をいっぱい浴びて、さわやかで元気な気持ちで一日をスタートできるのは気持ちが良いですよね。

さらに、朝から活動する機会が増えて、自然と規則正しい生活を過ごせるかもしれません。

ただし、東向きは日が差す時間が比較的短めなので、日差しが好きな方には向かないかもしれません。

▼西向きの特徴
・午後から夕方まで明るい
・夕日が見える
・午後の日当たりがいい

西向きの特徴としては、午後の日当たりのよさが挙げられます。

夕方まで室内が明るく保たれるうえに、ロケーションによってはキレイな夕日を見ることもできます。

ただし、日差しによって家具や内装が焼けやすくなるというデメリットも…。

西向きの部屋に住む際は、レースカーテンなどで西日をうまく調整できるように、工夫することをお勧めします。

▼北向きの特徴
・日差しが少ないので家が傷みにくい
・夏場も涼しく過ごせる

部屋の方角を決める際に、圧倒的に人気がないといえる北向き。

夏場でも涼しいなどの理由で、あえて北向きを選ぶ人もいるようですが、日差しが少ない分、洗濯物が乾きにくかったり、住まいとしては色々と不便が生じるかもしれません。

このように、住む部屋の方角によって、生活スタイルや感情、室内から見られる景色など、様々なものが変わります。

今まで「絶対に南!!」と決めていた人も、これらを参考に、自身や家族の生活スタイルに合う向きを候補に追加してみてはいかがでしょうか?

例えば西向きの場合であれば、午後の日照時間が長い分、午後家にいる時間が長く、日差しが苦手な方には嫌煙されますが、日中は家に居ない方には向いているかもしれません。

家の方位の選択肢を広げられれば、物件を選ぶ際でも、土地を選ぶ際でも
選択の幅を広げられます。

ぜひ一度、検討してみてくださいね。

〈write:せんむ〉

 

――――――――――――――――――――――――――■□■
自然素材で建てる工務店 住宅の方角のことなら伊藤建設株式会社
〒480-0105 愛知県丹羽郡扶桑町大字南山名字別レ塚41
TEL : 0587-93-2746
E-mail : info@itokensetu.jp
HP : http://itokensetu.jp
■□■――――――――――――――――――――――――――

伊藤建設の建てる家について

リフォーム

対応エリア
愛知県

扶桑町、大口町、犬山市、江南市、小牧市、一宮市、岩倉市、春日井市、名古屋市(北部)、豊山町、北名古屋市、清須市、あま市、稲沢市、瀬戸市、尾張旭市

岐阜県

岐阜市、各務原市、可児市、坂祝町、美濃加茂市、岐南町、笠松町、関市(南部)、多治見市

伊藤建設株式会社

0587-93-2746

このページをシェアする
facebook
©扶桑町の工務店 伊藤建設株式会社 Allrights Reserved.